小型軽量化と高いコストパフォーマンスを実現。Eマウント・望遠ズームレンズ

「FUJINON MK50‐135mm」は、焦点距離50-135mmをカバーする望遠ズームレンズです。「FUJINONシネレンズ」の特長である、画面中心から周辺まで高い光学性能と低ディストーションを踏襲しながら、従来のシネマカメラ用レンズの常識を覆す圧倒的な小型軽量化と優れたコストパフォーマンスを実現しています。「MK18-55mm」と「50-135mm」の二本で18-135mmの焦点距離を余すことなくカバーし、風景、建造物、人物などさまざまな被写体を、機動力を失うことなく撮影可能です。
また、動画専用レンズに最適化された光学・機械設計を行うことで、デジタルカメラ用交換レンズの持つ、「ズーミング時の焦点移動や光軸ずれ」、「フォーカシング時の画角変更(ブリージング)」を抑制。さらに、フォーカス、ズーム、アイリス(絞り)を独立してマニュアル操作できる3連リングを搭載し、全ての操作リングのギアピッチを0.8M(モジュール)に統一。フォーカスリングの回転角を幅広い200度に設計し、精緻なフォーカスを可能にするなど、映像制作現場のニーズにこたえる快適な操作性を実現しています。

機能・特長

  • 小型・軽量なレンズ鏡胴に凝縮された高い光学性能
  • 映像制作におけるデジタルカメラ用交換レンズの課題を解消
  • 動画専用レンズとして求められる快適な操作性を実現
  • 「MK18-55mm」、「MK50-135mm」を共通設計とすることで快適な運用を実現

主な仕様

焦点距離: 50-135mm
ズーム比: 2.7x
F-No.: F2.75
T-no.: T2.9
絞り羽根枚数: 9
画面寸法: 24.84mm x 13.97mm (φ28.5mm)
最至近撮影距離 (M.O.D) 結像面から: 1.2m / 3ft 11in (マクロ操作時 0.85m/2ft 9in)
被写体範囲(M.O.D.時) 50mm 534mm x 300mm
〔水平×垂直〕16:9アスペクト比(*1) : 135mm 196mm x 110mm
画角〔水平×垂直〕 50mm 27.9° x 15.9°
16:9アスペクト比(*1) : 135mm 10.5° x5.9°
フォーカス操作角: 200°
ズーム操作角: 90°
マクロ: あり
フィルター径: 82mm
前枠径: 85mm
質量(約): 980g
レンズマウント: Eマウント
*1 センサーサイズ : 24.84mm x 13.97mm  
注) 歯車モジュール0.8M  

Featured Stories

1kgを切るシネマレンズの実現に挑戦

FUJINON MKレンズの開発者インタビューをご紹介します

FUJINON MKシリーズが捉える新しい時代

シネマトグラファー江夏由洋が、MKレンズの撮影における使用感とその作品の制作について語ります

MKレンズシリーズが作り出す新しいデジタルシネマの世界

シネマトグラファー江夏由洋が、MKシリーズの魅力について語ります

MKシリーズ 製品紹介映像

FUJINONシネマレンズ MKシリーズに新たにMK50−135mmが登場

MKシリーズの特長 -MK50-130mm新登場

シネマトグラファー江夏由洋がMKレンズを使って撮影しました

MK50-135mm T2.9 Footage Shot by Philip Bloom

ロンドン在住のシネマトグラファーPhilip BloomがMK50-135mm T2.9とFS7を使って撮影したフッテージを紹介します

Behind the scenes of MK50-135mm footage - Shot by Philip Bloom

シネマトグラファーPhilip Bloomの撮影現場裏側に迫ります

シネマトグラファーの語るMKレンズシリーズの魅力とは

シネマトグラファー前島一男が、MKレンズシリーズの魅力を語ります

FUJINON MK Lens Introduction movie

MKシリーズ紹介映像

FUJINON MK Lens - Image movie

EDO Arts shot with MK18-55mm T2.9

FUJINON MK Lens - Image movieメイキング

FUJINON MK Lens - Image movieの撮影現場に迫ります

ホーム Products MK50-135mm T2.9
© FUJIFILM Corporation